【ハラダリベンジ】「京都マラソン・2015」への挑戦!

IMG_1695

 

こんにちはモトヤシキです。

今日はある男たちの挑戦の話です。

 

とても長いので暇つぶしがてら

お読み頂ければ幸いです。

 

 

2014年・冬の悲劇から、はや1年…。

 

くわしくは☟

【ハラダ・チャレンジ2014’冬】京都マラソンに挑戦!

struct ストラクト 【ハラダ・チャレンジ2014’冬】京都マラソンに挑戦!その結果は!?

 

2015年も再び「京都マラソン」に挑戦しました!

 

今回は昨年、ハラダ店長の男気を見て

熱くなった私、モトヤシキも挑戦を希望。

 

自分はともかくハラダ店長に

絶対に完走してもらうべく、

精神面でサポートできたらと思っていました。

 

今年も運良く、二人ともエントリーに当選。(良かった!)

前日までに京都で最終エントリーを済ませました。

 

IMG_1717

 

全行程の空撮。ゾッとします。

挑戦を希望した事をちょっと後悔…。

 

IMG_1642

 

モトヤシキのゼッケン。ドキドキします。

昨年は熱くなったものの、二人とも挑戦を前に気分は沈みがち。

し、しんどいのは、つ、つらい…。

 

IMG_1688

 

7時30分頃にスタート会場に集合。

 

ハラダ店長は家から到着するまでに、

モチを7個食べてきてました。

 

走る際のエネルギーに腹持ちするモチが良いとのこと。

食べきったハラダ氏は走る前からすでにキツそうでした。

 

2015年2月15日(日)8時30分。

ランナーはスタート地点へ。

 

IMG_1689

 

スタート前に記念撮影。

 

これからの苦難に対して、

浮かない顔&白くなってます。

 

ちなみにゼッケンには「あだ名」を

つけることができます。

 

ちなみに店長の「フミヤ」は

あの藤井フミヤさんに時々ほんの少しだけ似てるから。

私の「ヤグラ」は、昔つけてたDJ・デザイナー屋号です…照

 

勝手に店長がつけました。

 

10995117_785752378166382_9109416115733129264_n

 

そして9時にスタート!

長い戦いがはじまりました。

 

後方のグループだったので、

自分たちがスタート地点を

通り過ぎたのは9時12分ごろ。

 

走り始めてからは余裕もなく

全く写真が撮れておりません。

ですのでほとんど文章のみでご報告を。

 

 

スタートから10kmくらいまで、

1km:7分30秒ペースでラン。

西京極から嵐山、一条通を通って仁和寺前へ。

 

一緒に出場していたブランドメンバーたちと

すこし話しながら走っていました。

 

この時、ハラダ店長は「モチ食いすぎてキツい…」と

お腹にずっしりとくるものを感じて

早速、走りきれるかどうか不安になっていたそうです。

 

10km地点の仁和寺で店長が撮ってくれた動画です。

 

 

20km手前で賀茂川沿いのルートへ。

店長はここでもモチの重みを感じてたそうです。

なんだったら「出したかった」と。

 

このあたりから足に痛みを感じ出します。

店長と並走して「全然まだまだいけますね」や

「足、軽いっすね。」などと声をかけあって

ペースを保ちながらラクに走る事を意識してました。

 

加えて沿道の皆様の応援が嬉しいですね。

声援がなかったら本当に全然走れないです。

一人じゃ絶対無理ですね。(なによりやりたくない…)

 

時々、ゼッケンについている「あだ名」で

「フミヤがんばれ!」「ヤグラいけるよー!」って

声をかけてくださるんすよね。

ちょっと笑っちゃったり、普通に元気を頂きました。

 

僕たちも「アザス!」とか「ウッス!」とか返事しながら

鼓舞して走っていました。 ハイタッチも楽しかったです。

 

ちなみに今回二人とも「1sin / イッシン」

トレーニング用キャップ「Boot camp cap」をかぶっての挑戦。

とても快適でした。さすが1sin

 

1sin イッシン / BOOT CAMP CAP navy ブート キャンプ キャップ ネイビー

 

5km刻みごとにハラダ氏が用意してくれてたエネルギー補給と

給水所にある食べ物(バナナ・オレンジ・羊羹・生八つ橋など)で

ガス欠と脱水症状を防ぎながら走ります。

 

給水所以外でも沿道で応援されている方が

チョコレートや飴を配ったり、

エアサロンパス貸してたり、ホントにありがたいですね。

 

二人で励ましあいながら走っていましたが、

25kmの府立植物園の前あたりで

モトヤシキのペースが落ちて来ました。

ハーフマラソンまでしか出場した事の無い

自分には未体験の領域でした。

 

今までと同じペースで走られないくらい

足の痛みとパワー不足を感じていました。

 

店長の完走を祈って見送りました。

俺も出来るだけ頑張るから、

絶対完走してくれよ!と。

 

逆に氏は、25kmまではモチのせいでかなりキツかったものの

このあたりから調子が上がってきたとのこと。

30km地点・賀茂川を下ってさらに御所前を通り、

35km地点・京都市役所までの道のりは

しんどくて辛いものの、とても良い感じに走れたそうです。

 

逆にモトヤシキは30km地点・賀茂川を下るあたりから、

足と腹に激痛を感じて走る事が出来なくなっていました。

 

つらすぎて元気がなくなっていたら、

なんと!35km地点・京都市役所前に

スタッフ・メイコが応援にきていました!

 

12ad04fa0a2adf2a3b5df7b78bb36219

f425943258024471b6a2e12a78dfb95c

 

二人ともかなり元気を貰いました。

 

ハラダ氏、この35kmから終盤40kmにかけて

かなり足の痛みで辛くなったそうです。

(でも歩く事はなかったとのこと)

 

一方、モトヤシキはタイムアウトの危険が迫っていました。

後方間近に「6時間ペースランナー」の姿が。

(京都マラソンは6時間以内にゴールできないと失格)

 

途中の関門でも足切り失格があるので、

指定の時間以内にそこを通過できないと失格になります。

 

走る事は出来ませんが、競歩ばりの早さで、

なんとかあきらめずに出来るだけ早く歩いていました。

 

時折、折り返し後のハラダ店長とすれ違う度に

彼は大きい声で呼んで励ましてくれました。

こちらも呼ばれて歩かずに走りつづけている店長を見るたび、

諦める事なく出来るだけ頑張ろうと早歩きを。

 

「あのペースだったらハラダ氏、無事に走りきれるな。」

 

モトヤシキは40km地点・京都大学あたりで、

実際、タイムアウトになるんじゃないかと思ってました。

去年、氏がタイムアウトになったところまで来たから、

「もう、そうなっても良いか…。」とも少し思ってました。

 

本当は家族のためにも頑張って完走したかったな〜。

 

練習してなかったし、そりゃ無理よな〜。

 

足痛いな〜。明日全身つらいだろうな〜。

 

そんなことを思いながらも

歩く速度はゆるめず「もうダメ」って言われるまで

頑張って歩いていました。

 

去年のハラダ店長のことも脳裏をよぎります。

 

15

(昨年の40km地点…)

 

どこからか聞こえてきました。

「次の関門まであと5分。この辺りの人は間に合うよー!」と。

 

なんだって。

 

いけるのか。

 

いけちゃうのか。

 

 

そう思うと、何だか急に力が沸いて、

40kmから再び走ることが出来ました。

 

 

あともう少し。

 

 

ついにあと1km。

 

 

平安神宮のゴール前。

 

 

 

テレビで見るような景色。

 

 

 

たくさんの人たちの声援。

 

 

 

 

 ゴールの門。

 

 

 

 

 

両手をあげて走りながらゴール!

 

 

 

 

 

 

すんげぇ嬉しいものですね。

 

 

完走メダル、記念タオル。

バナナ、栄養補給ドリンク。

色々もらいました。

 

 

個人的に今回のハイライトは

ゴール後に突然おとずれました。

 

 

ゼッケン裏に貼っているチップを

ゴール後に回収されるのですが、

疲れてなかなか取れずにいたら

「エクスキューズミー?」と声をかけられ

ボランティアのお姉さんが取ってくださいまいた。

 

 

僕は言いました。

「サンキュー。」と(良い発音で)

 

 

ボランティアの人たちがいたお陰で

大会は問題なく開催されて、

みんな走る事ができるのです。

 

沿道に等間隔で始めから最後まで並んでいる

ボランティアの方々もみんな応援してくださいました。

 

なので、

そのボランティアの方々への思いから、

僕は外国の方と間違われても、

それを否定できずに自然と「サンキュー」と

流暢な発音で伝える事が出来ました。

 

 

この場を借りて、

あらためて言わせて頂きます。

 

 

 

サンキュー。

 

 

 

IMG_1708

 

 

 

ベリーサンキュー。

(この風貌だからでしょうか…)

 

 

 

 

それはそうと肝心のハラダ店長も

僕がゴールする20分前に無事にゴール!

 

昨年のリベンジをようやく果たす!

(罰ゲームの玉すだれを経て)

 

昨年、皆様にTシャツに書いて頂いた

メッセージや祈願も無事にゴールまで運べました!

 

6fbbae57a0d0feb617fcd77eda56b46e

 

 

歩きたいけど、我慢して走りきった店長。

 

 

昨年、もうちょっとのところで失格になってしまった店長。

 

 

リベンジを誓った店長。

 

 

もしまたダメだったら最悪や…と言っていた店長。

 

 

 

完走おめでとう!おつかれしたー!

 

 

 

完走後にリベンジを果たした感想を聞くと、

「モチ食いすぎてキツかったっす。」とのこと。

 

 

ということで、みんなで焼肉。

 

IMG_1706

(本当は内蔵に負担がかかりすぎるので良い子はマネしないでね)

 

罰ゲームも回避できて良かったです。

 

a34452f0228c5b57a34e783cbfb5f63a

 

これにて京都マラソン・リベンジ終了!

 

 レベルの高い方からしたら茶番だと思いますが、

長々とお読み頂きありがとうございました!

 

 

次は何に挑戦するのか!?

そもそもしないといけないのか!?

 

 

つづく…?

 

 

【struct / ストラクト WEB ストア】→

01_struct_blog02_facebook_blog03_twitter_blog04_instagram_blog05_google_blog06_tumblr_blog07_sumally_blog08_wear_blog09_pintarest_blog10_youtube_blog