「kopori」の制作風景

 

新しく発表した「kopori」の制作風景です。

 

 

あたりまえの事ですが、

一足、一足、人の手が入り作っています。

 

工程的にはザッと言うと、サンプルづくり、ラスト(木型)の削りだし、

革のなめし、裁断、縫製、ソール加工、つり込み、ソールの貼付け、などなど

どの工程にも細かい作業がさらにあって、

ひとつひとつに手が入っています。

 

ミシンや裁断機などの機械を使っているとはいえ、

その機械を使う職人の知識や勘が

仕上がりのすべてを左右しているのが本当の所です。

 

blueoverのスニーカーに限らず、世の中にあるプロダクトは、

職人や工場自体の技術や知識などで支えられています。

 

以前も紹介させて頂いた、

blueoverのビデオで、靴が出来るまでの流れが一部だけ見てもらえます。

 

blueover [ New unchanged. made in japan factories. ]
music.Kenmochi Hidefumi「ALICE」

 

(モトヤシキ)