【数量限定】ルンマーランド・スエードモデルWEB販売開始!【メンズサイズのみ】+価格について

bo_14aw_le_lu_02

 

blueover「lummerland(ルンマーランド)」

数量限定スエードモデル(メンズサイズのみ)を

WEBストアにアップいたしまいた!

 

WEBストアにて発売中です!

※数量限定モデルです。売切れ次第終了となります。

 

bo_14aw_le_lu_01

 

【価格について】

 

今回から、ルンマーランドの価格を変更いたしました。

 

そのことについて、ここにまとめさせて頂きます。

お時間ある際にお読み頂ければ幸いです。

 

—–

 

以前の価格は、職人とファクトリーの“ご好意”で成り立っていました。

ですが、マッケイ製法&手吊り込みなどの手法で

この製品を作り出し続けていくためには、以前の価格だと、

職人とファクトリーの負担が大きすぎて非現実的でした。

 

そのため、苦しい決断ではありましたが、

職人とファクトリーの知識や技術の価値を守るためにも、

今回の価格変更となりました。

 

ブランドの考えでもある、

国内の職人・ファクトリーの技術や知識・感性を

残していく事を、長く続けていくためでもあります。

 

自分達も、自分達の製品が「安い」とは全く思っておりません。

日本で、品質の高い少量生産という製造手法を選んだことで、

どうしても靴も鞄もこの価格帯になってしまいます。

(ドメスティックのブランドさんたちも同じだと思います。

ファクトリーブランドは値段も少し抑えられますが。)

 

様々なブランドの価格設定は、

そのブランドのクリエイティブや、

品質や、サービスという「お客様の満足・喜び」を、

守るため、続けていくための、価格設定だと思います。

 

「安さ」で満足や喜びを生み出そうとした場合、

生産数がいるため海外生産になり品質の不安も生まれてきます。

まず大企業じゃないと生産数を増やす事と、

1つあたりの価格を下げることは不可能ですしね。

だから、大量生産で品質を保ち、

比較的に安価で製品を提供されているところは、

それはそれで凄いなぁと思っています。

それぞれが大切にしていることを「貫く」ことは尊いことです。

 

自分達がやりたいこと、やるべきこと、

伝えたいこと、満足して頂きたいこと、

喜んで頂きたいこと、そして出来る範囲のこと、

それを全て踏まえた上でのブランドであり、

生産数であり、価格であり、サービスです。

 

我々の作る製品は、安くはない嗜好品です。

「その価値はあるもの」を作っていますが、

個人的に無理して買うものでも無いなぁとも思っております。

 

ご了承のほど、何卒よろしくお願いいたします。

.

革靴は付き合い方を知れば、

長く付き合うことが出来ます。

ケアをしてあげたり、数年に一度ソールを張り替えしたりと。

1万円以下のスニーカーを1年弱で履きつぶして、

買い換えていくよりコストパフォーマンスも良いと思います。

履いたら休ませるローテーションも大切です。

分からなければ、店頭やSNSなどで

気軽に何でもお聞き頂ければ幸いです。

 

blue over ブルーオーバー 2014 SS Lummerland ルンマーランド

 

【現在のblueoverの販売モデル】→

struct twitter struct_common_and_top_49