【formroom15 osaka】@diner

 

まいどおおきに。モトヤシキです。

 

 

東京や大阪で定期的におこなわれている、

プロダクトデザイナー・秋田道夫さんのイベント【formroom】が、

blueoverのストアもある大阪福島メリヤス会館B1の

クリエイティブシェアスペース・dinerにて、本日開催されました。

 

今回も若きデザイナーをはじめ

学生の方などに、たくさんお越し頂きました。

ありがとうございました。

(運営者じゃないですが。ふふ。)

 

 

今回のお話は、

2011年の日本のプロダクトデザインを振り返ると共に、

ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアとどう向き合うかなど、

とても多岐にわたっていました。

日頃感じている思いなどを、言葉にしてくださったかのような

共感することが多いお話でした。

 

秋田さんのイベントをこの空間で割とおこなっているので

最近お話を聞く機会が増えたのですが、

毎回思うのが、自身に対してとても客観的であるということ。

・自分の視点

・話している相手の視点

・もっと広い視点

この3つの視点を強く感じます。

自分でコントロール可能な多重人格じゃないのかと

思ってしまうくらいです。(冗談ですからね)

 

もともとグラフィックデザインをやっていた身としては、

その視点を複数持つという必要性は分かっていましたが、

それと同時に実行する難しさも分かっていました。

 

やはり、第一線で活躍されている方には

学ぶべきことがたくさんあります。

 

 

またこのイベント、今後もおこなうと思います。

興味ある方はぜひご参加ください。

ここでも告知させて頂きますね。

 

それでは。

 

(モトヤシキ)