【marco : black】

 

こんにちは、モトヤシキです。

 

オープニングの展示受注会・レセプションパーティーに、

お越しいただきありがとうございました。

予想以上の数の方々に来ていただき、本当にうれしいです。

 

良いスタートを切らせていただけたので、

張り切って、ブルーをオーバーしていきたいとおもいまっす。

 

—————————————————————————————

 

カラーバリエーションもホームページと共に発表しました。

モデルごとのスタイリングなども、このブログで掲載していきたいと思います。

 

今日は【marco : black】

栃木レザーを使用した経年変化が楽しみなるモデル)を合わせてみました。

 

 

太めのワークパンツ(ベージュ)と、紺のコーデュロイのブルゾンでコーディネートしました。

トゥの丸いフォルムは、太めのボトムとの相性がいいですね。

 

marcoのアッパーに使用している革は、

フルベジタブルタンニンでなめされた革なので、

はじめは固めなのですが、履いていくうちに、

自分の足に馴染んできます。

日頃のお手入れも必要になるのですが、

使い込んでいくと経年変化できれいなツヤが出てくるので、

靴と長い時間つきあって育てていくのが楽しい革です。

 

メンバーも、既に試作などで履いていて、

はやくいい味が出てくるのが、とても楽しみです。

 

上質な革を、楽しんでいただきたいので、

アッパーは、あえてつなぎ目がほとんどない一枚革の仕様にしています。

シンプルなデザインなので、カジュアルから、ビジネスなど、

色んなシーンで、コーディネートしていただけます。

 

【marco】は、全部で3色(左からキャメル・ブラック・ダークブラウン)

 

【marco : マルコとは?】

上質な革を使い、カジュアルコンフォート仕様にデザインしました。

少し大人の雰囲気を持ちながらも、質の高い革を、

さまざまなシーンに、ライトな感覚で楽しめるモデルです。

インソールには、コルク製のカップインソールを採用し、その裏には衝撃吸収材を挟みこみました。

立体形状のインソールが、かかとをしっかりと固定し、コルクの高い吸湿性で、

足の蒸れを押さえながらもソフトな履き心地を実現しました。

 

アッパーの部分は同じスニーカーパターンでありながらも、

紐の穴の数を5本、マテリアルを上質なレザーを使用することで、

上品な革靴の印象を作り上げました。 さらにソールを同じEVAを使用しながらも、

設計を変更することでより革靴に近い表情を生み出しました。 しかしあえてリフトをつけず、

アウトソールを平面にしたのはあくまでスニーカーというカテゴリーから逸脱しないという思想からです。

コバのバランスも考え、加工底という日本の職人のもつ技術を生かすため、

イミテーションのステッチを使用しないピースをあえて採用しています。

 

ほかの写真はこちらから。

 

タンの裏には、焼き印を一点一点、ストアにて入れています。

ロゴとmade in japanの刻印です。

 

・marco : black ¥21,800-

 

現在は、ストアでのみの受注販売となっております。

お気軽に、試し履きにお立ち寄りください。

(大阪・福島はオイシイお店が多いですしねっ)

 

 

(モトヤシキ)

 

blueover concept store.

メイド・イン・ジャパンの革をつかったスニーカーブランド

[住所]〒553-0003 大阪市福島区福島3-1-39メリヤス会館地下1階 diner

[営業時間]11:00〜13:00 14:00〜20:00

[定休日]木曜日

グーグルマップはコチラ

 
 

Tags: , , , , , , , , , , , , ,