ちょっとしたこだわり

こんにちはワタリです。

ふと何気なく商品を見て、思ったことがあったので

少し書き込んでみました。

 

マイキーとマルコの両モデルは同じアッパーパターンをしているのですが、

とってもシンプルな分、少しのディティールがえらく気になったりするんですね。

 

ラストフォルムも結構特徴あるのですが、あと目をやる場所って限られるんです。

そこでふと紐の付近に目が行ったんですが、

振り返るとここのバランスが結構キモだったりするんですね。

紐とアイレットステイ(紐を通す穴のあるパーツ)と本体の間のバランス。

 

紐が通る幅を広くして見える量を増やすと、やけにスポーティに見えたり、

逆に狭くしすぎると、本体がノッペーっとしてやぼったくなったりするんです。

シンプルな分、この箇所のバランスに商品の顔として左右されたりします。

開発時にかなり職人さんとやりとりしたことを思い出しました。

 

「シンプルは逆に難しい」とはいったもんです。

派手さがある商品の場合は逆にごまかしが効きやすいんですが、

要素が単純、簡素化されていくにしたがい、

そのディティール一つ一つにごまかしが効きません。

 

マイキー&マルコはスニーカーであっても上品さを兼ね備えることを描いたので、

過度に紐を広げず、それでいてアイレットと本体の関係性にも

気を配りながら作り上げました。

 

 

 

とそんなことを思ったのです。

 

(ワタリ)

 

 

 
 

Tags: , , ,