想いが伝わる

先日、靴メーカーに勤めている友人が催事で大阪にくるということなので、

仕事の後、一緒にご飯を食べに行きました。

 

そんな彼の勤め先は、ぼくらの目標でもある某メーカーで開発を行っており、

国内生産でメンズのスニーカーを生産しています。

それは一目で気持ちの入った商品だとわかります。

こういった商品にしていくことも、ぼくらの目指すべき点と改めて感じました。

 

靴は1つの製品になるまで何人もの人の手や想いが加わり、形となっていきます。

機械だけでは作れません。

だからこそ人の手や想いが伝わるのでしょう。

 

ぼくらの生み出す靴はいったいどんな表情をするのでしょうか。

そして、皆さんにどういう印象を与えるのか、少し楽しみでもあります。

 

そんな素敵なメーカーに勤めている彼は、

とてもバイタリティのある人物で、非常にポジティブであり、行動派です。

出会うたびにビシビシ刺激を受けさせてもらってます。

 

彼の靴造りに対する姿勢は、あくまで素直で気持ちの良いものであり、

一緒にいて、元気付けられます。

彼もまた、大きな目標を持ち歩んでます。

 

しかし、同じような想いがあると言葉は少なくても想いは伝わります。

blueoverもこういうことを具現化できればうれしいですね。

いつの日か彼と何か一緒に作れることを望みながら、

 

さて、スニーカーのお披露目会が4月17日と決まりました。

正式な告知はまだしてませんが、とりあえずこの場を使って。

 

(ワタリ)

 

 

 

 

 
 

Tags: ,