水沢ダウン シャトルのサイズ感と機能性。そしてその魅力

水沢ダウン オルテライン シャトル mizusawa down allterrain shuttle

商品ページへ>>

水沢ダウン シャトル【Descente Allterain MIZUSAWA DOWN Shuttle】とは

スポーツウェアのリーディングカンパニーであるデサント。
デサントが長年培った製造技術・生産背景を基にして、流行に流されない真のモノづくりを追求することをテーマに掲げる、ハイスペックコンセプチュアルラインが”Descente Allterain デサントオルテライン“です。

オルテラインのウェアは、特定の年齢層や特定のシーン・領域というものを限定せず「デザインはすべて機能性に従事したものである」というコンセプトの下に作られています。
装飾としてのデザインではなく、必要かつ十分な機能性を伴ったデザインがプロダクトの輪郭を作り出し、そこからさらに実用的な機能だけが厳選して選び抜ぬかれています。

その卓越したデザインセンスは、グッドデザイン賞をはじめ、ISPOアワード金賞を受賞するなど日本のみならず世界的な評価を得ています

水沢ダウン オルテライン シャトル mizusawa down allterrain shuttle

水沢ダウン オルテライン シャトル mizusawa down allterrain shuttle

水沢ダウンは、ダウンでありながら高い防水性

デサント オルテラインを代表する定番プロダクトである”Mizusawa Down Jacket Shuttle 水沢ダウンジャケット シャトル“の特徴としてまず挙げられるのは、水を通さない画期的なウォータープルーフダウンジャケットであるという点です。

従来のダウンジャケットは、防水性の低さという弱点があり、雨天時の着用には不向きであると考えられてきました。
生地や縫製のステッチから水が浸潤すると、羽毛は水分を含んでしまいます。するとロフト(かさ高)が損なわれ、保温性能の低下につながってしまうのです。
長く使うアウターであるからこそ、品質の劣化にも関わってくる、重要な部分です。

しかし、オルテラインは画期的な技術により、その弱点を克服することを可能としました。通常はステッチによって処理されるダウンパックですが、デサント独自の熱圧着加工を施すことで水の侵入の原因となるステッチを排除しています(針を通さないので穴がありません)。

水沢ダウン オルテライン シャトル mizusawa down allterrain shuttle

加えて、縫製が必要な箇所には止水テープで加工、もちろんジップ部分には止水ジップを採用することで荒天などの環境においても高い保温性を確保することができるようになりました。
そして、シームレスになったことでステッチ部からダウンが抜け落ちるといった、ダウンジャケットでは不可避だと考えられていた欠点も同時に克服されています

耐水性を追い求めた結果としてダウン内の気密性が高まり、少ないダウン量でも十分な保温性を得ることが可能となり、軽量で細身のシルエットを実現。タウンユースとして着用してもオーバースペックに見えない、洗練されたダウンジャケットとして活躍してくれます。

水沢ダウン オルテライン シャトル mizusawa down allterrain shuttle

水沢ダウン オルテライン シャトル mizusawa down allterrain shuttle

まさに、機能性がデザインに寄与する形で、水沢ダウン シャトルのスマートなシルエットは出来上がっています。

ダウン部はデサントが自社で所有する水沢工場において職人がひとつひとつ羽毛をグラム単位で計測し、手で詰めるというこだわりよう。日本が世界に誇るメイド・イン・ジャパンならではのクオリティの高さを示しています。まさに5年、10年と着続けることが可能な一生モノのダウンジャケットです。

ハイテク素材で快適な着心地

表地には軽量かつ4方向に対してストレッチ性のある機能素材”DERMIZAX MICRO STRETCH:ダーミザクス マイクロストレッチ”を採用。高い耐水性はもちろん、腕を伸ばす・曲げるなどの動作を容易に行うことができ、着用時のストレスを極限まで軽減しています。アウトドアだけではなく、都市生活においての着用にも適した作りになっています。

水沢ダウン オルテライン シャトル mizusawa down allterrain shuttle

裏地には、光を熱へと変換し高い保温機能を持つ、蓄熱保温素材である”HEAT NAVI:ヒートナビ”を採用しています。
その最大の特徴は、光のほぼ全ての波長領域を余すことなく吸収し、熱をつくりだすこと。どんな天候であっても効率的に保温効果を得ることが可能になっています。

更に特筆すべきはその高い保温機能だけには留まりません

フロントジップ部分に配されている2列のデュアルジップベンチレーションは、ジッパーとその間に配置されているメッシュ生地によって、ジャケット外より空気を取り込み、更に衣服内にこもった湿気や余分な熱を逃がすことが可能になっています。屋外から室内や車内へ移動した際に、汗をかいて不快な思いをするといった悩みも即座に解決することができます。

水沢ダウン オルテライン シャトル mizusawa down allterrain shuttle

水沢ダウン オルテライン シャトル mizusawa down allterrain shuttle

フード部にはアイコニックなboaシステムを搭載。着用時に後頭部のダイヤルを回すことで、簡単かつ素早くフィット感を調節することが可能です。急な雨などの悪天候にも柔軟に対応できる優れた機能性をもっています。

例えば薄手のシャツの上に羽織るだけでも、真冬を乗り越えられる。冬を忘れさせてくれるような高機能性です。

水沢ダウン オルテライン シャトル mizusawa down allterrain shuttle

水沢ダウン オルテライン シャトル mizusawa down allterrain shuttle

オルテラインのサイズ感

その無駄な装飾が省かれたデザインと、軽量かつスマートなシルエットは従来のダウンジャケットのように着ぶくれすることがなく、普段のスタイリングに容易に合わせることが可能です。

そのため、ダウンジャケットの保温性能を十二分に発揮することも含め、オーバーサイズよりもシャツ一枚羽織って丁度良いくらいのサイズがおすすめです。


参考として着用スタッフのサイズ感は。

・身長165cm、体重55キロでSサイズ
・身長170cm、体重65キロでMサイズ
・身長180cm、体重70キロでLサイズ

となります。

商品ページへ>>