【入荷情報】deeper’s wear ハイキック&ディフェンダー

16aw_depw_hk_jkt_01

先日のディーパーズウェアのポップアップイベントの余韻も終わらないまま、新たなイベント「プロダクト展」が始まりてんやわんやのストラクト。そんな中ディーパーズウェアの商品からいくつかストラクトでの取り扱いをはじめました。

究極に動きやすい本格派デニム

ストレスフリーの超可動域ウェア、ブランド定番「ハイキックシリーズ」のデニムセットアップです。こちらは通常のデニムの概念から抜け出し、本当に動きやすいデニムとはどんなものかを具現化したアイテムです。このデニムは日常のファッションアイテムとしてデニムの当たり前とされていた「窮屈さ」を取り払い、信じられない可動域を実現しています。

16aw_depw_hk_pant_02

しかし世間的にはいわゆる「ストレッチデニム」とどう違うの?って思われる方も多くいると思います。その問いの答えはこのハイキックシリーズが「伸縮性能(ストレッチ)」だけではないということがポイントです。実はこのディーパーズウェアが手がけるハイキックデニムシリーズはセルビッチデニムを使用しているという点にあります。それもセルビッチデニムを作る際に特殊な糸を使用して旧式の織り機で織られており、この生地を岡山のファクトリーでパンツとして作られているということです。

16aw_depw_hk_pant_09

要は本格的なヴィンテージデニムのもつ風合いを兼ね備えながらストレッチ性能をもつデニムパンツ、ジャケットということです。確かに実際製品を手に取ると、他でにる一般的なストレッチデニムとは一味違うたたずまいを感じます。それでいて着用するとおどろきの可動しやすさ。見たことない方は是非一度見てもらう価値があります。

16aw_depw_hk_jkt_06

16aw_depw_hk_jkt_17

16aw_depw_hk_pant_08

16aw_depw_hk_pant_04

16aw_depw_hk_pant_12

 

 

人肌に反応する特殊面を使った冬の一軍パンツ

そしてもう一つは「ディフェンダー」といわれる機能を持っているリブパンツです。

16aw_depw_df_02

この「ディフェンダー」という機能。熱に反応して本体が暖かくなる特殊な保温綿を利用したアイテムで、この保温綿をアイテムの内面にキルトすることで着衣した人の対応に反応して、着ているうちに暖かくなる仕組みとなっています。

16aw_depw_df_08

通常パンツで保温性能をうたう場合、ダウンパンツなどがイメージに上がります。ですが大抵シルエットやダウン特有のモコモコ感があり、なかなかファッションとしては取り入れにくいというのが現状です。ですが、このアイテムのよさは、そのモコモコ感がまったくないのに「高い保温力を持つ」パンツという点にあります。キルトも内面の生地に施している為、外側からステッチの後が見えないようになっているのもうれしい仕様。そして裾がリブ仕様となっているので外から冷気が入ってこず、中からも暖かさが逃げないようになっています。

16aw_depw_df_10

16aw_depw_df_06

16aw_depw_df_13

16aw_depw_df_14

これから冬本番、このパンツがレギュラーパンツの一角を担うのは間違いありません。

 

いずれもこれまでのアパレルにはない着眼点と発想でありそうでなかった、当たり前だけどそういえばそうだったらいいなと思えるよううなアイテムに仕上っているディーパーズウェアの手がけるアイテム。今後も目が離せません。

 

ブランドページはこちら>

 

 
 

Tags: