MINOTAUR(ミノトール)のミニマルなデニムとループウィラー別注アイテム

webストア担当のコイデです。

structにもほぼ全て、冬アイテム揃ってまいりました。

そのなかでも、他にはなかなか見られず、個人的にも飛びつき購入したミノトールアイテムのご紹介です。

装飾を削いだミノトールのBack yoke denim

テーパードのかかったスリムシルエット。

若干のストレッチ性が快適な履き心地と美しいシルエットを、といえば他にもよく見るデニムですが、ミノトールのこのBack yoke denimはそこからさらに踏み込んでいきます。

機能的な要素は削らず、その存在感を無くしていくかのようなディテールの作りになっているのが、とてもにくい。

ボタンを被せにしたり、ステッチを極力見せない縫製にしていたり、縁の処理なども極力表側に出てきていません。

まるで茶器のような渋い佇まい。シャープな雰囲気と輪郭線が曖昧な丸い柔らかな印象、両方を受けます。

静かな風景ともいうべき姿ですが、デニムとしてのスタイリングの相性の良さはしっかり健在。

使い勝手のいいアイテムです。

ホワイトカラーは、一見すると合わせるのが難しそうに見えるカラーですが、秋冬の暗色をしたトップスとの相性がよく、意外な使い勝手の良さを発揮してくれます。

インディゴ同様の静かな佇まいが中和し、絶妙なバランスに仕上がっています。

minotaur商品一覧へ>>

minotaurらしいループウィラーの別注モデル

世界的に人気のあるスウェットブランドのループウィラー。

熟練の職人が操作する、吊り編み機で仕立てる柔らかなスウェット生地には、根強いファンが多いです。

日本語で「ループウィラー」とかかれたタグを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

ループウィラー

別注モデルの多いブランドではありますが、その中でもミノトールのこのスウェットは特徴的です。

スウェットのアイコン的な特徴でもあるリブ編みを、襟元だけ残し、他は大胆に排除! ミニマルな表情に仕上げています。

もちろん、ただむやみやたらに要素を削いだだけではありません。

風の侵入などデメリットを極力無くすため、テーパードのかかった袖のパターンなど、微に入り細に入りこだわられて作られています。

そうして生まれた独特のシルエットや、着心地、インナーとしての使い勝手などなどが、ミノトールのしっかりとした答えになって現れています。

リラックス感と、洋服がもつ美しさの一種の緊張感が同居した、唯一無二のアイテムになっています。

minotaur商品一覧へ>>