【新入荷】WONDER BAGGAGE / TRAIT LINE

wonder baggage ワンダーバゲージ trait series トレイトシリーズ トップ画像

こんにちはワンダーバゲージブランディングディレクター「KJ」です。

いよいよワンダーバゲージのグッドマンズシリーズに新作が発表されました。その名も「GOODMANS TRAIT PACK」、「GOODMANS TRAIT SHOULDER」。今までのグッドマンズの流れとは一味ちがうトレイトライン。今日はこの新作の商品情報をいち早く詳細にお伝えします。

GOODMAN TRAIT LINE の特徴

wonder baggage ワンダーバゲージ trait series トレイトシリーズ リュック ショルダー

今季ワンダーバゲージが掲げるテーマは、直感的使用を想定したユーザーの意思にダイレクトに対応するバッグを作り上げること。多種多様なカバンがあふれる現在、それぞれの商品の存在意義が薄れてきているように感じます。コモディティ化された商品郡の中、ユーザーにとって本当に必要な機能と素材を見つけ出すのは非常に難しくなっています。

ワンダーバゲージの哲学は「過去の当たり前」を当然のこととしてそのまま商品に反映させることなく、一旦フラットな目線に戻した上で、現在の生活を見据えた上での使用感を大切にすることです。そうすることで他のカバンブランドとは異なる切り口でそれぞれの仕様が決定されています。

今回提案するトレイトラインは従来のグッドマンシリーズのラインナップと比較し、より都会での使用を想定されたデザインとなっています。ザックタイプとショルダータイプはいずれもシンプルでありながら、ユーザーが使用する際、いかにストレスが無くカバンを扱えるか、を考えぬきました。

なぜなら、都市生活においてユーザーは常に様々な変化(ストレス)にさらされるからです。その変化に対応するため、身に着けるバッグからはストレスを発生させないこと。ユーザーがバッグに合わせた動きをするのではなく、ユーザーの意図と動きをダイレクトに自然と受け止めてくれるバッグ。それは限りなくシンプルでありながら最低限に必要な機能を持ったバッグです。

たとえば、複雑に小分けされたポケットではなく、大きくざっくりと入れられる内装ポケット。
ただし単純にナイロンで覆うのではなく、片方はクリアポケット、片方はメッシュポケットといったように、異なる素材や設計を用いることによって、ユーザーが直感的かつ無意識的にそれぞれのポケットに入れる内容物を選定することを狙いました。これはデザイン言語で「アフォーダンスデザイン」と呼ばれる手法です。

wonder baggage ワンダーバゲージ trait series トレイトシリーズ リュック ショルダー

もっと具体的な例を挙げると、例えば手元にノートPCと付属品、書類があるとします。その際、すべてを同じポケットに入れることは少ないと思います。それぞれ適した収納場所や収納方法をユーザーは選び、実行します。アフォーダンスデザインは、この一連のプロセスを限りなく直感的に行えるように誘導(アフォード)していきます。

バッテリーやマウス、樹脂などで作られたハードなものにはメッシュポケットへ。メッシュの持つ伸縮性や外から見える視認性は、収納する際、また取り出す際に直感的に認知できます。また、クリアポケットはPVC製なので伸縮はしませんが、視認性と防水性に優れるので書類やノートを納めるのには最適な素材になっています。

wonder baggage ワンダーバゲージ trait series トレイトシリーズ リュック ショルダー

こうした機能がトレイトラインには盛り込まれています。ただ単純に区分けされたポケットが内装にあるわけでもなく、使用を強制されるポケットがあるわけでもない。ユーザーの直観と感覚に対応する、ゆとりあるサイズ感のポケットと素材。これがトレイトラインの最大の特徴です。

では次に各モデルごとに詳細なスペックを見ていきます。

GOODMANS TRAIT PACK

高強度、シンプル、いつまでも使いたい定番バッグの誕生

wonder baggage ワンダーバゲージ trait series トレイトシリーズ リュック

トレイトラインの考えが詰まったモデル、グッドマンズトレイトパック。先述の特徴に加え、外からアクセス可能なPCポケットを配置し、ビジネス用途にも十二分に対応できるバッグとなっています。背面のサブポケットも過去のデイパックにくらべ大型化し、より使い勝手が向上しました。緩やかなラウンドスクエアフォルムはトレンドに左右されることなく使い続けることのできるデザインになっています。素材もオールバリスターナイロンを使用しているので、耐摩耗性は抜群です。あたらしいワンダーバゲージ、グッドマンズシリーズのスタンダードプロダクトになるモデルです。

wonder baggage ワンダーバゲージ trait series トレイトシリーズ リュック

wonder baggage ワンダーバゲージ trait series トレイトシリーズ リュック

商品ページへ>>

GOODMANS TRAIT SHOULDER

機動性、シンプル、それでいて機能的なモデル

wonder baggage ワンダーバゲージ trait series トレイトシリーズ ショルダー

このトレイトショルダーはショルダーバッグの持つ機動性とシンプルさをベースに構成されています。ショルダーバッグは「背負う」リュックとは異なり、「肩がけ・タスキがけ」といった持ち方のため、カバンへのアプローチがより素早くなるのが特徴だと考えます。

そこでワンダーバゲージはその機動性をより活かすため、外装は前胴にオープンポケットが2つ、マチにも2つ、後胴にはファスナー仕様のサブポケットが1室配置された仕様となっています。基本的には外装のポケットで手回り品をまとめられるように作られています。

wonder baggage ワンダーバゲージ trait series トレイトシリーズ ショルダー

このモデルもメインコンパーネントには先述の特徴が活かされており、同様のコンセプトを踏襲。その上でこのショルダーバッグにはメッセンジャーが使用するクイックリリースバックルを搭載しています。このバックルはショルダーテープの片面を引き上げるとアジャスト機能が働き、容易に長さ調整を行うことが可能となっています。

最短のアクションで長さを調整できることもストレスフリーになる大きな要因となっています。このショルダーバッグはシンプルなバッグながらも高機能性が特徴のモデルです。

wonder baggage ワンダーバゲージ trait series トレイトシリーズ ショルダー

wonder baggage ワンダーバゲージ trait series トレイトシリーズ ショルダー

近日入荷予定

グッドマンシリーズ初のカラーバリエーション

トレイトラインが従来のグッドマンズシリーズと異なる点としてさらに挙げられるのがカラー展開です。これまでネイビー、ブラックの2カラーが基本でしたが、両モデルともブラック、カーキ、ベージュといったカラー展開になっています。ブラックのリュックタイプはビジネスシーンにも十分活躍できるほどの汎用性があり、抜群の使い勝手です。

そしてすべてのモデルがオールバリスターナイロンであり、マテリアルとしての信用度は折り紙つきです。

ミリタリースペックのバッグに見られる多機能バッグは丈夫さと装飾的な要素が入りがちですが、このトレイトラインはあくまでスッキリしたデザインであることに注力しています。加えて収納量も両モデルとも20リットル程度の収納量を保ちます。ポケットも紙媒体とデジタルデバイスを両方持ち歩くことが多いユーザーには特にオススメできます。日頃バッグを使用していてかゆいところになかなか手がとどかない方にぜひ一度手にとってみていただきたい商品です。

 

同時期にアクティベートシリーズで軽量、耐水性、磨耗強度に優れた大型バックパックもリリースされました。

30リットルの大容量でなおかつ中の荷物が濡れない素材、仕様のウォーターレジストパック30もご確認ください。われわれも想像以上の軽量性と防水性能、対磨耗性は荷物が多く、移動も多いユーザーにマッチしたプロダクトに仕上がっています。

 wonderbaggage waterrejistpack30
詳細は上記画像リンクからご確認ください。

 

ワンダーバゲージのもの作り

ワンダーバゲージの生み出すカバンは、一見ベーシックな表情をしていながらも、よく見ると他のバッグと比較してフォルムが違っていたり、つくりが違っている、といった点が特徴です。
それらの違いは、ユーザーが求めている機能を満たすこと、という一貫した視点から生まれるものです。
そして日本製の信頼ある生地を利用し、すべてを国内で生産しています。

私たちはコモディティ化されたマーケットで、既存のアイデアや仕様、デザインをトレースしたプロダクトを生み出すことはしません。自分たちで考え、使用し、ユーザーの姿を思い描きながら生み出しています。そうすることで他とは違う姿(単に表面的な見た目だけではない姿)が生まれ、プロダクトとして強い意志のあるものになると考えるからです。

 
 

Tags: ,