NISHIGUCHI KUTSUSHITAの靴下は「はくひとおもい」な靴下

NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 靴下 はくひとおもい メンズ レディース 商品写真トップ

NISHIGUCHI KUTSUSHITAのメンズ・レディース靴下

NISHIGUCHI KUTSUSHITA / ニシグチ クツシタの靴下は、奈良県で1950年から靴下を作り続ける老舗のファクトリーが立ち上げたソックスブランド。

メンズ・レディース共に、他にはない、ファクトリーでしかできない、新しいこれからの定番アイテムを作り続けることを目標としたソックスブランドです。

快適な履き心地はもちろん、ファクトリーならではの価格帯も嬉しいところ。

日用品、消耗品であるからこそのリアリティのある価格というのは、たとえ良いものであっても無視できない部分です。

NISHIGUCHI KUTSUSHITAならではの糸の選定、染色など、こだわりにこだわった作りは、知れば知るほどずっと履き続けたくなる、そして履きたいと思った時にちゃんと作り続けている。

コピーにもある「はくひとおもい」な靴下になっています。

NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 靴下 はくひとおもい メンズ レディース イメージ写真 ランダム

NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 靴下 はくひとおもい メンズ レディース アップ写真

NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 靴下 はくひとおもい メンズ レディース 帯あり写真

NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 靴下 はくひとおもい メンズ レディース ロゴアップ

1,200 + tax

商品ページへ>>

定番として通年作り続けているこの「リスペクトコットンリブソックス」は、コットンを紡績(素材を糸に)するさいに、糸にならなかったヴァージンコットンを、特殊な紡績機にかけて糸にしています。

短繊維の特徴として、履けば履くほどに風合いの変化がみられます。デニム生地が味わいを持つような、そんな楽しみ方ができるような「経年変化」を味わうことができます。

もちろん、天然素材であるヴァージンコットンを使用することで履き心地は抜群。

わずかに使用しているポリエステルとポリウレタンのおかげで、耐久性や、肉厚の生地がずり落ちない絶妙で締めつきすぎないフィット感もあって安心感があります。

少しシャリ感のある肌触りですが、頼り甲斐のある厚みがあり、歩くほどに足に馴染んでいきます。

  • 特徴
  • 全てのアイテムが定番として考えられている
  • ファクトリーブランドならではのクオリティと価格
  • ヴァージンコットンの落ち綿を使用して糸を作っている

また、糸の染め方にもこだわりが詰まっています。

カラーラインナップは「デニム」「チャコール」「ライトグレー」とシチュエーションを選ばないベーシックなカラー。

このカラーに染める方法として、染料のカプセルを糸にまぶし、蒸気を当てて弾けさせる「スペック染め」という手法を使用しているのもこのNISHIGUCHI KUTSUSHITAの特徴的なところです。

NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 靴下 はくひとおもい メンズ レディース 履き口リブ

NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 靴下 はくひとおもい メンズ レディース 商品写真全体

NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 靴下 はくひとおもい メンズ レディース あぜ編み部分拡大

NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 靴下 はくひとおもい メンズ レディース 商品写真広げた姿

靴下に経年変化の楽しみを

このリスペクトコットンリブソックスに施されたスペック染めは、糸にランダムなムラを作ります。

大げさなムラに映らないですが、さりげないヴィンテージ感のある表情が生まれます。

シチュエーションを選ばない素直な色味でありながら、手に持って観察した時に新品のよそよそしさを感じないような、そんな表情になっています。

履き続けるほどに風合いをます素材感と、スペック染めのムラ感がつくる色味の変化は、自分だけの経年変化となります。

靴下というアイテムにはなかなか感じられない「経年変化」という新しい価値を、NISHIGUCHI KUTSUSHITAのリスペクトコットンリブソックスは楽しませてくれます。

商品ページへ>>

サイズはレディースが23〜25cmまで。

メンズが25〜27cm。

わたくしコイデは足のサイズが大きく28cmですが、27cmまでのメンズサイズでも問題なく履けております。

レディース含め、あくまでサイズは目安と考えていただければと思いますので、ご不明な点あればぜひご連絡ください。

(コイデ)

 
 

Tags: , ,