ワンダーバゲオとゆく!ぶら〜り函館の旅・其のご(電車でGO編)

01

 

今回は「其のご」です。

旅2日目の朝を迎えました。

 

前回の様子は「其のよん」

お読み頂ければ幸いです。

 

・其のよん(初日の夜編)

ワンダーバゲオとゆく!ぶら〜り函館の旅! 其のよん(初日の夜編)

 

おはようございます!おっしゃー!

「ホホホホホ…(朝からさっそくこのテンションということは…)」

そうだ!朝ごはんだー!おっしゃー!

「ホホ…(やっぱり…)」

 

僕たちが泊まっているホテルは朝ごはんが名物!

バイキング形式なのですが、

なんと海鮮丼が好きなだけ盛れてしまうのです!

うっひょー!おっしゃー!

注:下のイクラ・オンリー丼は妻です

 

IMG_3784

 

テンションが上がりすぎて、

下の写真の量を2ターンいただきました。

(もちろんデザートも)

 

IMG_3786

 

うっ、もう食べられない…。

「ホホホ(そりゃそうだよ)」

ひ、昼ごはんどうしようかな…。

「ホッ!?(なぬっ!?)」

旅は1食、1食が勝負だからね。

「ホゥ(あっそ)」

 

楽しみだった朝食を済ませ、

いざ2日目の目的地へ。

 

JR函館駅へ向かう途中で、

また路面電車を見かけました。

 

今回はシゴトガイドver。

シゴトというより卵の白身と黄身って感じですね。

 

02

 

JR函館駅に到着し、

駅の壁をよくよくみると…

味わい深い画風のペリーさんがいました。

髪型…鼻の下…。

 

03

 

それはさておき、

目的地へは特急・北斗で向かいます。

青い車体がとてもクールです。

 

04

 

「ホホホホゥ!(かっこいい電車だー!)」

そうだね。これで札幌まで行けるんだよ。

 

05

 

北斗に乗り、約20分ほど電車旅。

 

06

07

08

 

車窓を流れていく

北海道らしい自然の風景。

 

電車の旅は景色をゆっくりと

眺められるから嬉しいですね。

 

09

 

とうちゃーく!

「ホホホーホ!(とうちゃーく!)」

 

10

 

「ホホホホー!(おきをつけてー!)」

ふふふ。手を振ってくれたね。

「ホホゥー(すてきな乗組員さんだったねー)」

 

11

 

「ホホホ?(ここはどこ?)」

大沼公園駅だよ。

「ホホゥ(ほほぅ)」

せっかくだから記念写真、撮っておこうね。

「ホゥ(ほい)」

 

12

13

 

「大沼公園」では国定の公園で、

壮大な自然を楽しむことができるのです。

 

函館からも近かったので、

訪れてみたかったのです。

 

14

 

誰が熊や。

 

15

 

駅から大沼へは歩いて

すぐ近くのところにあります。

 

お土産物屋も多く軒を連ねています。

 

16

 

ボク、◯◯えもん!次回もお楽しみにネ!

「ホ!?ホホホホ?(なに!?きゅうにどうしたの?)」

いや、言いたくなっただけさ…。

「ホーゥ(ふーん)」

 

 

…はい、ということで今回はここまで。

次回は大沼公園の大自然をご紹介いたします。

どうぞお楽しみに!

 

・其のろく(大沼公園編)

struct wonder baggage バゲオ ワンダーバゲージ ストラクト 函館 旅

 

【struct ストラクト WEB store】→

04_instagram_blog03_twitter_blogline ストラクト struct ライン02_facebook_blog07_sumally_blogstruct tumblr ストラクト タンブラstruct wear ストラクトyou tube ユー チューブ struct ストラクトピンタレスト pinterest struct ストラクトstruct google plus ストラクト グーグル